EDに悩んでいる人は多く最近ではED治療として手術や器具の活用、ホルモン療法やサプリメントなどのさまざまな方法が存在しています。
ED治療薬としてバイアグラなどを用いて治療する人が多くいて人気があります。
バイアグラの特許満了日が切れたことによりいろいろな医薬品が販売されており、その人の症状に合わせて選択することが可能です。
ED治療専門の病院が増えたこともあり、食事などのいろいろ工夫することによって症状を改善することができます。

そもそもEDの原因は?

EDに疑問を持つ40代の男性 EDにはいろいろな原因があると言われていて、それぞれに応じた対処法が必要になります。
例えば加齢によるEDがあり、加齢に伴い男性ホルモンの「テストステロン」の分泌量が低下していき、テストステロンは性欲を起こす作用があるので加齢によって分泌量が低下していくと性的な欲求も同時に薄れてしまいます。
このテストステロンの分泌は20代をピークにしそこから次第に低下していき、この分泌量が低下しEDの原因になる年代は40代後半になるでしょう。
40代後半からEDを感じる人は多くなり、勃起するにはスタート時点において性的な欲求があるかが関係してきます。
テストステロンの分泌量低下により性欲が薄れてくるとEDに繋がる仕組みです。

ストレスでEDになることも

男性が勃起できないことはしばしばあることで、そこで勃起ができずに性行為時に恥ずかしかったり情けないなどの思いをすることがあるでしょう。
そのことが後に緊張やストレスなどになり、次回から勃起しづらくなる人がいます。
性行為のトラウマ以外では仕事のストレスや過度の疲労、睡眠不足や金銭的な問題などでも勃起できなくなることがあるので注意が必要です。
前立腺や膀胱がんなどの手術を受ける際、陰茎の周辺の神経が傷つくことにより勃起しづらくなる可能性があります。

交通事故などで下半身に何かしらの外傷を負うと勃起しづらくなることもあり、身体的な問題で悩んでいる人も多くいます。
パーキンソン病やアルツハイマー病、脳血管疾患や頭部への外傷といったことで脳からの性的な刺激信号が伝わらずにEDになることもあるそうです。
このようにEDにはいろいろな原因があり、それぞれに応じて対処する必要があるでしょう。

薬を使ったED治療法

薬剤師 薬を使ったED治療法は有名で、ED治療の中でも多く利用されている方法です。
ED治療薬には、バイアグラやレビトラ・シアリスなどの種類がありそれぞれ効果は少し異なります。
例えば、バイアグラは世界で初めて開発された有名なED治療薬で、2016年に特許満了日が切れていることから、今日ではいろいろな後発医薬品が存在しています。
世界で初めてのED治療薬ということでその知名度は非常に高く、今も根強いファンがいる治療薬です。
レビトラは世界で2番目に販売されたED治療薬で、即効性が非常に高く最短30分その効果を発揮することができます。
食事の影響を受けやすいバイアグラの弱点を改善していることもあり、世界中の人から人気のある治療薬です。

シアリスはこの中では最も新しいED治療薬でバイアグラとレビトラは主成分の分子構造がよく似ていますが、シアリスの主成分は少し違っていてブロック状の構造になっています。
体内で分解されにくい特徴があるので、最大36時間の持続時間を実現することが可能です。
これらのED治療薬はその人の体質や体調などによって合ったり合わないことがあるので、自分に適した医薬品を見つけると良いでしょう。

効果はもちろん持続時間や副作用・金額などを考慮して、初めて服用するなら医師と相談してから利用することをおすすめします。
医師に診断してもらうことで自分に合った治療薬を見つけることができたり、EDの原因を把握することができるでしょう。
いろいろな種類の薬がリリースされているので、インターネットにある薬剤サイトを利用すると、比較的リーズナブルな価格で購入することが可能です。
自分に合った薬を見つけたら気軽に注文することができます。

薬以外のED治療法

注射器と薬 薬以外のED治療法もあります。
例えばICI治療は「陰茎海綿体注射」と呼ばれている治療方法で、注射することによって海綿体に血管作動薬を注入し勃起を促進することが可能です。
最近では副作用が少ないPGE1という成分を利用していて、ICI治療は効果が高い施術として知られています。
初回治療では勃起しないこともありますが、治療を行うことで改善することが可能です。
時間もかからず気軽に受けることができ、手順としては、まず根本まで注射針を刺し薬剤を注入します。
注射した部位を1分圧迫し止血すると施術は完了します。注射した後5分~10分ぐらいで勃起することができ、2時間~3時間持続することができるでしょう。

次に陰圧式勃起補助具を使った方法があり、よく利用される治療用器具です。
この器具を使うと擬似的な勃起状態を作ることができ手順としては筒状の器具の中に陰茎を挿入し、次に専用ポンプを使って器具の中を陰圧状態にします。
器具内がきちんと陰圧になると血液が流れ込んで来るので、陰茎に強制的に血液を集めることが可能です。
擬似的な勃起状態を作ることができ、陰茎根本にゴムバンドを装着することによって勃起状態を維持します。
尚、長時間ゴムバンドを装着するとうっ血するので30分以上締めないようにする必要があります。

陰圧式勃起補助具のメリットには誰でも簡単に利用することができ、ICI治療は医師による注射が必要ですが陰圧式勃起補助具は自宅で利用することが可能です。
使い方も簡単で、高い確率で性交できる勃起状態に整えることができます。
ゴムバンドで根本を締めるのでやや痛みを感じることがあるので、人によっては陰茎がしびれる場合もあるので注意が必要です。

その他のED治療法

EDは高血圧や動脈硬化などの生活習慣病に深く関係していて、生活習慣病を改善したり予防することでEDを予防したり改善することに繋がります。
特に食生活の見直しは大切で、すぐに取り組むことができる改善策です。
EDは男性ホルモンのテストステロンの低下から引き起こされるので、食生活を改善することによりテストステロンが減少することを予防することができます。

亜鉛

そのために摂取した方が良い成分は亜鉛です。
体内に亜鉛が不足すると精巣萎縮が生じてストステロンの分泌量がダウンするので、日頃の食事において積極的に亜鉛を取り入れることが大切になります。
亜鉛が多く含まれている食品にはアーモンドやゴマ、抹茶や牡蠣、あわびや豚レバーなどがあります。

喫煙と飲酒

喫煙と飲酒の習慣がある人は見直しが必要で、生活習慣病の代表とも言えるでしょう。
喫煙や過度の飲酒は身体を壊す要因になるので、タバコはやめたり飲酒はほどほどにすることが大切と言えます。
喫煙や飲酒はEDに大きな影響を与えていて、EDを予防したり改善するのに必要不可欠です。

運動

食生活はもちろん運動不足の解消などもED改善・予防に役立ちます。
運動することによってEDに効果的な血行不良を改善することができます。正常な勃起状態を維持するために陰茎海綿体に十分血液が流れることが必要です。
つまり血行不良もEDの原因の一つであると言うことができ、血行不良は通常の食生活によっても起こりますが、運動不足などによる筋力低下も血行不良に非常に関係しています。
血行不良を改善するために運動は欠かせないものです。

このように症状を改善するために日頃から取り組むことができるものがたくさんあります。
日頃の生活を見直すことで健康的な身体を手に入れることができるでしょう。