ED治療薬で一押しのシアリス

「シアリス」は2002年の発売以降、100を超える国で一千万人以上に使用され、2013年にはED治療薬として世界シェア42%を達成、現在世界で最も使われているED治療薬といわれています。
これだけ多くの人に愛用される理由は、その「使い勝手の良さ」にあります。

シアリスに含まれる有効成分「タダラフィル」には、「効き目が長い」という特徴があります。
タダラフィルは体内への吸収速度がゆるやか、という特性があるためゆっくりと体に作用し続け、服用から「約30~36時間」ほど効果が続くのです。
薬を飲んだ次の日でも効き目があるため、金曜の夜に飲めば週末を楽しめると「ウィークエンドピル」などと呼ばれることもあります。
一方で服用から効果が現れるまでの時間は「約1~4時間」かかると、即効性はそれほど高くありません。

タダラフィルは「食事の影響を受けにくい」という使い勝手の良さもあります。
基本的には食前・食後いつでも服用できるため、柔軟な飲み方が可能となっています。
ただし、あくまで「影響を受けにくい」だけで、全くないわけではなく、メーカーの発表によれば約800kcalまでの食事の影響はないとされています。
そのためお腹いっぱい食べた後に使用する、などといった飲み方は薬の効果が十分に発揮されないことがあります。

もし薬の効果を最大限に発揮させたいのであれば「空腹時」に飲むことをおすすめします。
空腹時は薬の体内への吸収率が最も高く、また食事に含まれる油などの影響で吸収効率が下がることもありません。
既に食事をしてしまったようなときには、数時間あけてから服用するようにしましょう。

服用時の注意として「アルコール」が挙げられます。
適度なアルコールは性的な雰囲気を高める、リラックスできるなど良い働きがありますが、過度に飲みすぎてしまうと性的な興奮が抑えられ、勃起が難しくなります。
ED治療薬には勃起をサポートする働きはありますが、「性的興奮自体」を高める働きはないため注意が必要です。

シアリスの副作用と手に入れる方法

シアリスには少ないながらも副作用があります。
主な症状としては「頭痛、胃もたれ、顔の紅潮、ほてり」などです。
これは薬の作用である「血管を拡張し、血流を促す」効果が、陰茎のみならず全身に対しても働くために生じるものです。
脳内の血流が良くなり頭痛が、消化器官の血流が良くなり胃もたれが、起きることがあるのです。

ですがこういった副作用も従来のED治療薬に比較して少なく、またその症状自体も軽度なことがほとんどで、過度に気にする必要はありません。
ただしあまりに長時間副作用が続く場合や、重度の副作用が出た場合には、すぐに病院の診断を受けることが大切です。

シアリスを入手したい場合、その方法は「病院・クリニックでの処方」「個人輸入」の2つが考えられます。
シアリスは処方が必要となる医薬品ですので、基本的には病院・クリニックを受診し医師による処方箋を受けなければ購入は出来ません。
ですが「病院に行く時間がない、診断を受けるのが恥ずかしい、少しでも薬の価格を抑えたい」という人は個人輸入をする方法もあります。

海外の通販を利用すればシアリスを安い価格で購入することが可能です。
「個人輸入」と聞くと怖そうなイメージがありますが、それ自体に違法性はありません。
ただし輸入には制限があり「自分が利用する範囲」のものである必要があります。
そのため自分以外の人に販売はもちろん、プレゼントするだけでも違法となるため注意が必要です。

個人輸入をする場合、海外通販を通して自ら購入することも可能ですが、外国語での手続きが必要となる、といった手間などを考えると「個人輸入の代行業者」を利用するのが現実的だと思います。
気を付けたいのが、こういった業者の中には偽造品を扱っている場合がある点です。
ネットの口コミ・販売実績などを参考に、信頼できる代行業者を選択することが大切です。