国内で2番目のED治療薬であるレビトラ

レビトラは国内で2番目に認証されたED治療薬です。
というより正しく言えば世界的に始めて本格的なed治療薬として開発されたのがこのレビトラです。
レビトラは2003年にドイツで開発され、翌年の2004年に日本で認可が下りて使用可能になりました。
現在では多くのクリニックで利用されているED治療薬の一つです。

レビトラには有効成分であるバルデナフィルが配合されています。
バルデナフィルは勃起を阻害する作用がある酵素の発生を抑制する効果があるほか、血管を拡張させることによって勃起力を促進させてくれます。

レビトラは今までのED治療薬にあった多くの問題点を改善し、より使いやすい薬になっています。
従来のものとは違って食事の影響をあまり受けないように研究されているため、標準的な食事の範囲内であれば服用している際に影響を受けることはありません。
時間を気にせず使用できるというのは衣装する側からすればとても大きなメリットです。

そして、レビトラの最も大きな特徴が効果があらわれるのが早いという点です。
服用しておよそ20分くらいで効果があらわれはじめ、50分程度でその効き目は最大になります。

ですから実際にセックスをする直線に飲んだとしてもお互いに愛撫などをしている間にレビトラの効果が出てきます。
飲んでもセックスすることがなく無駄に終わったという事がほとんどないでしょう。
効き目も9時間持続するため、一晩中セックスしても効果が消えることはありません。

正しい飲み方に関してですが、レビトラは食事の前後に服用しても問題ありません。効果があらわれるのが早いとは言っても、より確実に効果を出すのであれば1時間前くらいに服用するようにしましょう。
飲む際には水で飲むのが基本ですが、お茶やジュースで飲んでも特に影響はありません。
飲み方に関して一つだけ注意しなければいけないことがあり、グレープフルーツジュースでの服用は禁止されています。
グレープフルーツジュースと一緒に飲むと、薬の効果が強く出過ぎて思わぬ副作用が出る場合があります。

もう一つ、レビトラの情愛にはいろいろなタイプがありますが、最初から大きいものを服用するのは控えましょう。
最初は小さいものか服用する方が安全です。
小さいもので効果が出ているのであれば大きいものを服用する必要はありません。

レビトラの副作用と手に入れる方法

このように高い勃起に対する効果をもたらすレビトラを手に入れたいと考えている男性も多いのではないでしょうか。
レビトラを実際に入手するにはどうすればよいのでしょうか。
レビトラはドラッグストアなどでの販売は認められていないので、買い物がてら購入するというようなことはできません。
国内でレビトラを手に入れる場合はクリニックに行く必要があります。

クリニックに行き、医師の診察を受けて処方箋を出してもらうことによってはじめてレビトラを購入できるというわけです。
しかしこの方法にはいくつかのデメリットがあります。
クリニックに勃起力を促進させる薬をもらいに行くという行動自体があまり周りの人に見られたくないですし、時間がない人だとなかなか難しいです。
更に処方してもらうと薬代のほかに診察料も必要になります。

レビトラを手に入れるには通販サイトを利用し、個人輸入代行を利用して購入するのが一番お手軽です。
クリニックに通う必要もないですし、診察を受ける必要もありません、レビトラ自体の価格もクリニックよりも通販を利用し、個人輸入代行で買う方が安いです。
さらに通販での購入だと自分が欲しい分だけ買うことが出来ます。まとめ買いすることで価格がさらに安くなることもあります。

ただし、個人輸入代行サイトを利用すると副作用に関する説明を受けることが出来ません。
レビトラは強い薬なので服用前に副作用については必ず理解しておきましょう。
レビトラによって引き起こされる副作用としては頭痛や顔のほてり、めまいなどがあります。
しかしながらいずれも軽微なものなので恐れる必要はありません。たいていは数時間もすればおさまります。
もしも症状が治まらない場合はレビトラが身体に合っていない可能性もあるので服用を中止し、医師に相談しましょう。