レビトラジェネリックの国内製と海外製の違いは?

レビトラはバルデナフィルという有効成分を配合したED治療薬です。
ED治療薬を国内のクリニックで処方してもらうという場合、一般的に健康保険は適用されません。
自由診療となるケースがほとんどなので、価格も高く費用がかさんでしまいがちです。
少しでもED治療薬にかかる費用を抑えたいという場合、ジェネリック医薬品を検討してみてはいかがでしょう。

ジェネリック医薬品は先発医薬品よりも、薬価が抑えられています。先発医薬品のように莫大な開発費がかかっていないからです。
ED治療薬も先発医薬品とジェネリック医薬品の両方が存在しているので、お財布事情に合わせて選んでみましょう。

レビトラにもジェネリック医薬品はあります。
ただ、国内ではいまだレビトラのジェネリック医薬品は製造されていないのが現状です。
ジェネリック医薬品は特許が切れた時点で、他の製薬メーカーも製造・販売ができるようになります。
レビトラの国内の特許は2020年5月に満了を迎えるようです。
2020年5月以降であれば、国内でも正式に認可が下りてレビトラのジェネリック医薬品が作られるようになるかもしれません。

今現在、日本国内では作られていないレビトラのジェネリック医薬品ですが、海外であればすでに製造されているケースもあります。
海外と日本国内とでは特許の仕組みに違いがあり、特許が切れている国では有効成分バルデナフィルを配合したED治療薬が誕生しています。

少しでも費用を抑えたいという場合は、海外製のジェネリック医薬品を試してみてはいかがでしょう。
日本国内のクリニックでは処方されていませんが、インターネット通販を利用すれば入手する事が可能です。
個人輸入を行っている業者が運営する、インターネット通販サイトであれば普段のネットショッピングと同じ感覚で、医薬品を購入できるようになっています。

家にいながら日本国内のクリニックでは手に入らない、医薬品を買えるという点はインターネット通販の大きな魅力です。

海外製のレビトラジェネリックは偽物のリスクがある

レビトラのジェネリック医薬品を試してみたいという場合、インターネット通販で購入する方法をおすすめします。
今現在、日本のクリニックではレビトラのジェネリック医薬品は処方されていません。
購入するには海外から取り寄せる必要があります。

個人輸入で医薬品を取り扱っている、インターネット通販であれば日本では手に入らないレビトラのジェネリック医薬品も手軽に入手する事が可能です。
ただし、ここで注意したいポイントがあります。
海外製のレビトラのジェネリック医薬品は、偽物を販売しているケースも多いようです。
悪徳な業者が運営しているサイトを利用してしまった場合、偽物が送られてきます。

偽物だと全く有効成分が含まれていないという事も少なくありません。
またどのような成分が含まれているかも分からないので、場合によっては重篤な副作用を引き起こす危険性もあります。
ジェネリック医薬品は価格もやすく、チャレンジしやすいですがインターネット通販で購入する場合は本物を取り扱っている業者を見つけ出すようにしましょう。

長年、海外から医薬品の通販を行っている業者や、利用者が多い業者であれば本物のレビトラのジェネリックを取り扱っている可能性が高いです。
また会社名や代表者名、登録されている会社の住所や建物の名前、電話番号などがサイトに記載されているかといった情報も、しっか理確認しておきましょう。
このような情報がサイトに掲載されていない場合は、偽物を取り扱っている可能性が高いので避けます。

他にも決済方法の種類やセキュリティが整っているかといったポイントも、事前に確認しておく必要があります。
とにかく海外からレビトラのジェネリックを通販する場合は、利用する業者の信頼性をチェックするために情報を集めることが大切です。